トップ > 製品情報 > パソコン関連 > ケーブル > ディスプレイケーブル > 解説:コネクタについて
ディスプレイケーブル
解説|ディスプレイケーブルのコネクタについて

アナログ
D-Sub15pin(ミニ)
パソコンとディスプレイ等をアナログ接続する、一般的なコネクタです。

コネクタ形状 伝送可能な信号
映像のみ



DVI (Digital Visual Interface)
パソコンと液晶ディスプレイ等を、デジタル接続するコネクタです。
ディスプレイにパソコンから信号を送る際に、アナログに変換せずデジタルで直接送ることができるので、D-Sub15pinよりも画質が向上します。

  コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度
シングル
リンク
映像のみ 1920dpi×1200dpi
まで
デュアル
リンク
映像のみ 2560dpi×1600dpi
まで

シングルリンクとデュアルリンクについて
DVIケーブルにはシングルリンクとデュアルリンクの2種類があり、それぞれ対応する解像度が異なります。シングルリンクは1920dpi×1200dpiまでの解像度に対応し、デュアルリンクは2560dpi×1600dpiまでの解像度に対応します。お使いのディスプレイの解像度にあわせてお選び下さい。
 
■DVI-DとDVI-I について
DVI-Dは、デジタル信号のみ伝送し、DVI-Iはデジタル/アナログ両方の信号を伝送します。コネクタのピンの数が異なるので、見分けることができます。


HDMI (High-Definition Multimedia Interface)
パソコンと液晶ディスプレイ等を、デジタル接続するコネクタです。
DVIより小型なうえ、1本のケーブルで映像・音声・制御信号を合わせて送受信できます。
主にテレビやDVDレコーダーなどのデジタル家電で使用されますが、パソコンとディスプレイの接続にも用いられます。

コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度 転送速度
映像・音声
・制御
2560dpi×1600dpi
まで
最大
10.2Gbps


DisplayPort
パソコンと液晶ディスプレイ等をデジタル接続する、次世代のコネクタです。
DVIより小型、HDMIよりも高速なうえ、1本のケーブルで、映像・音声・制御信号を送受信できます。
また、複数のディスプレイを数珠つなぎにするだけでマルチディスプレイ環境を簡単に実現できます。

コネクタ形状 伝送可能な信号 対応解像度 転送速度
映像・音声
・制御
2560dpi×1600dpi
まで
最大
10.8Gbps

 
≫ディスプレイケーブルの製品一覧はこちら