トップ > 製品情報 > パソコン関連 > ケーブル > USBハブ > U2H-FC014Sシリーズ
USBハブ
 
最初の画像に戻す
パソコンの電源を切っても、接続したUSB機器に電源供給が可能なUSBハブ
充電できる4ポートUSBハブ - U2H-FC014Sシリーズ
型番
(下:JANコード)
特長 標準価格[税別]
(下:税込)
備考
 U2H-FC014SBK 
 4953103184145
 ブラック   3,400円 
3,672円 
 販売終了
 U2H-FC014SBU 
 4953103184169
 ブルー   3,400円 
3,672円 
 販売終了
 U2H-FC014SSV 
 4953103184138
 シルバー   3,400円 
3,672円 
 販売終了
 U2H-FC014SWH 
 4953103184152
 ホワイト   3,400円 
3,672円 
 販売終了
[税別価格・JANコード非表示]
 ≫FAQ

特徴

● パソコンの電源が切れていても携帯電話などが充電できる4ポートUSBハブ

U2H-FC014SBK付属のACアダプタを接続してセルフパワーモードで使用する場合は、パソコンの電源が切れた状態でも、接続しているUSBデバイスに電源を供給が可能な4ポートUSBハブです。USBケーブルを経由して充電できる携帯電話を接続すれば、パソコンの電源を切っても充電可能※です。USB経由での携帯電話などの充電に便利なUSBハブです。

※別途USBケーブルが必要です。また、一部対応しない携帯電話もあります。
※通常USBで接続するよりも充電時間がかかります。

U2H-FC014SBK
ブラック
U2H-FC014SBK
U2H-FC014SBU
ブルー
U2H-FC014SBU
U2H-FC014SSV
シルバー
U2H-FC014SSV
U2H-FC014SWH
ホワイト
U2H-FC014SWH

● 信号と電源供給のオン/オフが可能なスイッチ装備

USBポートに接続された機器とのデータ通信および電源の供給のオン/オフが可能なスイッチを装備しています。

※パソコンを使用中に本製品のスイッチをオフにする場合、 Mass Storage Classなどの取り外し操作が必要なUSBデバイスは、 必ず取り外し操作をおこなってからスイッチをオフにしてください。
※データ送信中に誤ってスイッチをオフにしてしまった場合に自動的に接続を解除する機能を本製品は装備していません。
※取り外し作業をおこなわなかったり、データ送信中にスイッチをオフにするとデータを消失する恐れがあります。

● セルフパワー&バスパワー両対応

 

● USB2.0ハイスピードモード対応

バスパワーモードは、接続したUSB機器の電源をパソコン側のUSBポートから供給するモードです。そのため、接続できる機器はマウスやテンキーなど消費電力の少ないUSB機器に限られますが、ACアダプタを使用しないため取り回しが容易です。スキャナや外付ドライブなどの消費電力の大きなUSB機器を接続する際は、付属のACアダプタを使用して電力を供給するセルフパワーモードでご使用ください。
 

最大480Mbps(理論値)の転送速度を誇るUSB2.0のハイスピードモードに対応した高速タイプです。従来のUSB1.1デバイスも接続できます。
※Windows Me/98、MacOS8.6〜9.xにおいては、ハイスピードモードでの動作は致しません。USB1.1互換での動作になります。


仕様
対応機種

USBポートを装備し、
Windows 7/Vista/XP(SP1以降)/2000(SP4以降)/Me(※1)/98(※1),(※2)
が動作するPC/AT互換機、
Mac OS 8.6〜9.x (※1)/Mac OS X(10.2以降)が動作するMacintoshシリーズ

※1 USB1.1互換での動作になります(USB2.0ハイスピードモード非対応) 
※2 Windows 98オペレーティングシステムのCD-ROMが必要になる場合があります

インターフェイス USB2.0(USB1.1インターフェイスに接続した場合はUSB1.1互換で動作)
最大転送速度 480Mbps(USB2.0ハイスピードモード理論値)
ポート数 4ポート
供給電流 セルフパワー時:4ポート合計2000mA以内(1ポート当たり500mA以内)
バスパワー時:4ポート合計400mA以内(1ポート当たり100mA以内)
サイズ 約W108×D26.5×H17mm
重量 約40g
ケーブル長 付属USBケーブル:約1.5m(コネクタ含む)
専用ACアダプタ:約1.8m(コネクタ含む)
付属品 専用ACアダプタ×1
※本製品は日本国内の電源を想定して設計されていますので、日本国外ではご使用いただけません。