トップ > 製品情報 > パソコン関連 > アクセサリ > セキュリティ用品 > CR-UK1
セキュリティ用品
最初の画像に戻す
PCロック機能、シークレットHD機能を搭載したUSBキー
USB接続PCセキュリティシステム - CR-UK1
型番
(下:JANコード)
特長 標準価格[税別]
(下:税込)
備考
 CR-UK1 
 4953103069237
    5,500円 
6,050円 
 販売終了
[税別価格・JANコード非表示]
 ≫マニュアル ≫ドライバ/ファームウェア ≫FAQ

特徴

● 不正使用を防止するPCロック機能

 

● シークレット・ハードディスク機能

PCロック
パソコンのUSBポートに本製品(キー)を差し込まないとアクセスできない「PCロック機能」により不正使用を防止します。
また、本製品をパソコンから外すだけで自動的にロックされますので、情報漏洩の危険性が下がります。
 
シークレットハードディスクキーを差し込んだときにだけ表示される仮想ドライブ「シークレット・ハードディスク機能」により大切な情報の保護が可能です。

● 簡単に設定できるシンプル設計

 

● 合い鍵の作成可能

重要な機能設定項目だけに絞り込んだシンプル設計。数回のクリックのみでほとんどのセキュリティ設定が完了します。
 
合い鍵を作ることで、同じパソコンを複数のユーザでも使用可能です。新しく本製品を購入して、合い鍵を作りたい元のキーと同じパスワード、CDキーを登録すれば簡単に合い鍵が作成できます。
※パスワード・CDキーはいったん書き込みが行われると修正はできません。注意して作業を行ってください。

● 持ち運びに便利なコンパクト設計

   
携帯時は、コネクタ部分を保護し、コンパクトに収納できます。
   



こんな場面にオススメ
  PCロック

● 席をはずした隙に、だれかがパソコンの無断利用しないか心配・・・
 

ミーティングなどでパソコンの前を離れるとき、誰かが自分のデータをみていないか心配。極秘プロジェクト等の情報は社内であってもしっかりと保護したいものです。CR-UK1でPCロック機能を設定しておけば、本製品をパソコンから外すだけで自動的にロックされますので、情報漏洩の危険性が下がります。仕事を再開する時はCR-UK1を接続するだけ。

● パソコンの盗難・置き忘れが心配シークレットハードディスク



お客様や会社の機密情報が入ったパソコンを電車・レストランに置き忘れた!!情報の集約化がすすんだ現代、些細な不注意から大きな情報漏洩事故につながる可能性があります。CR-UK1でシークレット・ハードディスクを設定し、そこにデータを保存しておけば、大事な情報が第三者に漏れる危険性を大幅に下げることができます。


仕様
対応機種 USB2.0または1.1インターフェイスを装備したPC/AT互換機(NEC PC98-NXシリーズは除く)
対応OS Windows XP/2000/Me/98
消費電力 約70mA以下(5V時)
使用温度範囲 0度〜50度(結露のぞく)
外形寸法 W18×D52×H14mm
本体質量 約20g
付属品 ドライバCD-ROM × 1枚

制限事項
■一般的な制限事項
・本製品は全てのUSBポート・パソコンへの接続を保証するものではありません。
・本製品を使用することで、100%の情報保護・セキュリティを保証するものではありません。本製品を使用することでの直接・間接被害については責はご容赦ください。詳しくはマニュアル付属の保証規定をご覧願います。
・本製品は専用ソフトウェアと連携しパソコンの機密性を高める商品です。物理的な保護を行う商品ではありません。
■パソコンによる制限事項
・自作パソコンおよび拡張ボードが増設されたパソコンは動作対象外といたします。
・Macintoshには非対応です。
■使用時の制限事項
・本製品は直接パソコンに接続してください。USB HUB経由の接続は動作保証外といたします。
・本製品は、Windows上に常駐するソフトウェアを使用することにより各種機能を実現しております。お客様のお使いのソフトウェアとの相性によっては正常にご使用頂けないことがございます。
・本製品は、USB I/Fに定められた各種項目を満たさないUSBポートへの接続は保証対象外といたします。
・本製品のPCロック機能はSafeモード時には有効になりません。シークレットハードディスク機能はSafeモードでも有効となります。
・本製品添付ソフトウェアのアンインストール時にも本製品が必要となります。本製本の使用を中断されるまで、大切に保管してください。
・本製品のシークレット・ハードディスク機能は、暗号化したファイルを1ドライブにつき1つ作成します。1ドライブ分のファイルが1つのファイルとして扱われますので、通常Windowsで使用されているcab圧縮ファイルと同様、暗号化ファイルの一部が破損した場合でも、破損した暗号化ドライブ全体へのアクセスが不可能となります。バックアップはこまめにとることをオススメ致します。