法人向けWi-Fi(アクセスポイント・PoE無線アクセスポイント)

PoE無線アクセスポイント

◀テーブルはスクロールできます
Wi-Fi規格 型番 標準価格 最大転送速度 5/2.4GHz
同時利用
PoE
受電
PoE
パススルー
セキュリティ

Wi-Fi 6

  • ax
  • ac
  • n
  • a
  • g
  • b
WAB-M1775-PS 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
  • 802.1x
  • WPA3
  • WPA2
  • WPA
  • WEP
WAB-S1775 5GHz:1201Mbps
2.4GHz:574Mbps
×
  • 802.1x
  • WPA3
  • WPA2
  • WPA
  • WEP

Wi-Fi 5

  • ac
  • n
  • a
  • g
  • b
WAB-M2133 5GHz:1733Mbps
2.4GHz:400Mbps
×
  • 802.1x
  • WPA2
  • WPA
  • WEP
WAB-I1750-PS 5GHz:1300Mbps
2.4GHz:450Mbps
  • 802.1x
  • WPA2
  • WPA
  • WEP
WAB-S1167-PS 5GHz:867Mbps
2.4GHz:300Mbps
  • 802.1x
  • WPA2
  • WPA
  • WEP
WAB-S1167 5GHz:867Mbps
2.4GHz:300Mbps
×
  • 802.1x
  • WPA3
  • WPA2
  • WPA
  • WEP

※WPA3-Personalのみ対応です。WPA3-Enterpriseには対応しておりません。

製品を絞り込む

お客様
無線規格
最大同時接続台数
セキュリティ
機能・特徴

該当する商品はありません。

最大 1201Mbps(理論値) 対応

最大 1201Mbps(理論値) 対応

最大 1733Mbps(理論値) 対応

最大 1733Mbps(理論値) 対応

最大 1300Mbps(理論値) 対応

最大 1300Mbps(理論値) 対応

最大 867Mbps(理論値) 対応

最大 867Mbps(理論値) 対応

サポート情報

サービス情報

よくある疑問

無線LANを設置するのに適した場所とは
どこにいてもインターネットに接続できる無線LANは非常に便利ですね。しかし、無線LANルーター(Wi-Fiルーター)やアクセスポイントの置き場所によっては電波が届かなかったり、あるいは電波の死角が発生したりする場合があります。どこに設置しても完全に電波の死角を消せない場合もありますが、できるだけくまなく電波が届くよう、無線ルーターやアクセスポイントの設置場所には気を配りたいものです。
無線LANの設置場所について
法人用と家庭用の違いとは?
法人用と家庭用は違います。帯域や通信方式などの根本的な部分は同じなのですが、会社と家庭とでは使用する人数が違います。
そのため、法人用の無線LANアクセスポイントを用意する場合には、家庭用とは別のものを用意することを検討してみましょう。
法人用と家庭用の違いについて

関連記事