ランサムウェア対策のご案内

今、データが危ない!ご注意ください!企業のデータが狙われています!データを閲覧不能にして、身代金を要求するマルウェア、ランサムウェアが流行しています!今、データが危ない!ご注意ください!企業のデータが狙われています!データを閲覧不能にして、身代金を要求するマルウェア、ランサムウェアが流行しています!

ランサムウェアとは

  • ウイルスに感染したクライアントPCが、アクセス可能なファイルを暗号化してしまうマルウェアです。PC上のデータだけでなく、NASに保存されたデータを勝手に暗号化して閲覧不能にしてしまいます。
  • データを閲覧可能な状態に戻すために身代金(金銭)を要求されます。たとえ身代金を払っても、データが閲覧できる保証はありません。
  • セキュリティアップデートがされていないPCや、バックアップ対策がなされていない古いNASを狙った事例が報告されています。

ランサムウェアのしくみ

ランサムウェアのしくみ

しかし、身代金を払ったところで、データを復元できる保証はありません!!

どのような対策をすればよいのか?

ランサムウェアに感染したことによる暗号化に備えて、NASデータのバックアップをおすすめします!万が一に備え、業務データやメールの一定期間の保管、世代管理バックアップしていただくことで、ランサムウェアの被害を最小限に抑えることができます。

対策図対策図

定期的にデータのバックアップ!
不測の事態に備えて、データのバックアップをオススメします。
NASのバックアップ先のHDDを共有しないことでより安心に!
ネットワーク共有上のファイルまで被害にあわないように対策できます。

エレコムのWindows NASシリーズの場合

Windows NAS のボリュームシャドウコピーで活用!

ランサムウェア感染直前の状態にデータを復元可能!

Windows NAS 図1Windows NAS 図1

  • ファイルサーバーとしてWindows NASを利用し、NASのボリュームシャドウコピー(VSS)機能を活用をお勧めします。
  • 万一、ランサムウェアに現行のデータを書き換えらたとしても、VSSエリアに保存された直前のデータを復元させることができ、損失を最小限に食い止めます。

Windows NAS でランサムウェアの感染を阻止!

ダブルのウイルス対策でランサムウェアを徹底阻止!

代表的なウイルス対策ソフトの動作確認済み(※)

  • ウイルスバスターコーポレート エディション11
    ウイルスバスターコーポレート エディション11
  • VirusScan Enterprise 8.8
    VirusScan Enterprise 8.8
  • Symantec Endpoint Protection 12
    Symantec Endpoint Protection 12
  • ESET File Security for Microsoft Windows Server 4.5
    ESET File Security for Microsoft Windows Server 4.5

※2017年2月現在の情報です。 ※最新の対応情報はこちらをご覧ください。

Windows NAS 図2Windows NAS 図2

  • エレコムのWindows Storage Server搭載NASなら、NAS本体にウイルス対策ソフトをインストールできますので、ランサムウェアに感染したファイルをしっかりと除去できます
  • クライアントPCへのウイルス対策に加え、NAS本体にもウイルス対策をすることで、より強固に大切なデータを守ることができます。

エレコムのLinux NASシリーズの場合

履歴差分バックアップで更に安心な環境構築!

バックアップ図

  • 履歴差分のバックアップをすることで、暗号化される前のデータ取り出しが可能。被害を最小限に留めます。

外付けUSB HDDにバックアップ

さらなる冗長性を求めて、外付けUSB HDDにバックアップ

エレコムのWindows NASなら、バックアップ用のUSB HDDを使ってNAS上のデータをバックアップできます。
クライアントPCからのアクセスを拒否するように設定しておくことで、データがウイルスに直接感染することを防止できます。

ELD-RENUシリーズ
ELD-RENUシリーズ
  • USB3.0
LSV-BKシリーズ
LSV-BKシリーズ
  • USB3.0
  • 暗号化対応