▲UP
▲UP
▲UP
▲UP
Q: エレコム製Skype対応製品が使えるコンピュータの機種を教えてください。
A: マイク入力端子・スピーカ出力端子を持つPC/AT互換機(Windowsマシン)でお使いいただけます。※Macintoshには対応しておりません。
▲UP
Q: 「Skype」の推奨動作環境を教えてください。
A: 「Skype」はいろいろなOSに対応しています。エレコム製Skype対応製品はPC/AT互換機(Windowsマシン)に対応しており、推奨する動作環境は以下のとおりです。
OS: Windows XPまたはWindows 2000
(注意:Windows Me/98/95では文字化けが発生しますのでご利用できません)
CPU:400MHz以上のプロセッサ(1GHz以上推奨)
メモリ:128 MB 以上の実装メモリ(256MB以上推奨)
HDD容量:15MB以上(30MB以上推奨)
ブロードバンドまたはダイアルアップ(33.6Kbps以上)接続のインターネット環境(ブロードバンド環境推奨、PHS等では128Kbps推奨)
サウンドカード、スピーカ、マイクまたはヘッドセット
▲UP
Q: 日本のサイトでダウンロードできるSkypeと海外のサイトでダウンロードするSkypeに違いはありますか。
A: 違いはありません。日本語を使用したい場合は、インストールの最初で「日本語」を選択してください。
▲UP
Q: Skype名(アカウント)の変更方法を教えてください。
A: Skype名を変更するには、変更したいSkype名で再度アカウントを作成してください。「Skype」のメニューから[ファイル]→[別のアカウントでログイン]→[マイアカウントを今すぐ登録]を選択します。Skype名は、重複しない限りいくつでもご登録いただけます。
▲UP
Q: 「Skype」のアップデートの方法を教えてください。
A: 「Skype」のメニューから[ヘルプ]→[アップデートの確認]を選択してください。最新版があるときは、スカイプ社の日本語サイトからダウンロードしてください。
▲UP
Q: 異なるコンピュータから同じSkype(スカイプ)名でログインできますか? その場合のコンタクトリストはどうなりますか。
A: 同じSkype名で、別のパソコンからもログインできます。その場合、コンタクトリストはログインしたパソコンに反映されます。ただし、エレコム製Skype対応アドレス帳を使えば、アドレス帳に保存されているコンタクトリストを使って通話できます。
→スカイプ対応アドレス帳はこちら
▲UP
Q: 相手のSkype名の横にある(?)マークのアイコンには、どのような機能があるのですか。
A: :「Skype」の[コンタクト]で、相手のSkype名の横に灰色の(?)アイコンがある場合、その相手との通話が認証されていません。認証するには、相手のSkype名を右クリックして[認証の要求]を選択してください。その後、相手先が許可すると、緑色のチェックマークアイコンに変わり通話できるようになります。
▲UP
Q: 海外で「Skype」を使う場合、Skype名はどうなりますか。
A: 海外でも国内でご利用のSkype名でログインできます。
▲UP
Q: プロバイダを変更しても「Skype」は使えますか。
A: 「Skype」はプロバイダに依存しませんので、プロバイダを変更してもご利用いただけます。
▲UP
Q: パソコンの起動時に、「Skype」が自動起動しないように設定できますか。
A: 「Skype」の自動起動は、次の手順で解除することができます。
(1) 「Skype」の[ツール]→[設定]を選択します。
(2) 左側のメニューから[詳細]を選択します。
(3) 右側の「コンピュータ起動時−自動的にSkypeを起動」のチェックを外し、[保存]をクリックします。
(4) [ファイル]メニューから[ログアウト]を選択します。
▲UP
Q: 「Skype」のチャット履歴を削除する方法を教えてください。
A: チャット履歴は次の手順で削除することができます。
(1) 「Skype」の[ツール]→[設定]を選択します。
(2) 左側のメニューから[プライバシー設定]を選択します。
(3) 右側の[履歴の削除]クリックし、「保存」をクリックします。
ただし、仕様により、個々のチャット履歴を削除することはできません。
▲UP
Q: 発信やログインができません。音声が途切れます。エラーメッセージ(エラー番号)が表示されました。
A: ログインや発信/着信ができない場合や、音声が途切れる場合、または「致命的エラーが発生しました」「エラー番号1101、1102、1103」などのメッセージが表示された場合は、次の方法をお試しください。

[A] 個人向けのファイアーウォールソフトなどがインストールされている場合
ファイアーウォールソフトの設定を無効にしてください。また、Windows XP SP2の場合、内蔵のファイアーウォールソフトウェアの設定により「Skype」からの接続ができない場合があります。このような場合には、以下の手順を試してみてください。
(1) Windowsの[スタート]→[コントロールパネル]を選択します。
(2) [ネットワークとインターネット接続]を選択し、[Windowsファイアウォール]をクリックします。
(3) [全般]タブで[有効(推奨)]だけが選択されていることを確認します。
(4) [例外]タブで[プログラムおよびサービス]で「Skype」にチェックが付いているか確認します。[プログラムおよびサービス]に「Skype」が表示されていない場合は、[プログラムの追加]をクリックして「Skype」を追加します。
個人向けのファイアウォールについては、[Windowsファイアウォール]が無効の場合でも、その他のファイアーウォールソフトが起動している場合があります。「Norton Internet Security」の設定については、こちらも参照してください。

[B] 社内LANなどを使用し、認証プロキシを経由して外部に接続している場合
Ver1.0以前の「Skype」は対応していません。最新版の「Skype」にアップデートしたあと、「Skype」の[ツール]→[設定]を選択してください。左側のメニューから[接続]を選択したあと、右側のプロキシの設定をおこなってください。
※プロキシのアドレスについては、プロバイダまたはシステム管理者にご確認ください。

[C] プロキシでポート「80」のみ開放している場合
「Skype」はご利用できません。ご利用になる場合はシステム管理者とご相談ください。

[D] UDPのポートの1024が開放されていない場合
「Skype」はご利用できません。ご利用になる場合はシステム管理者とご相談いただくか。プロバイダにお尋ねください。
▲UP
Q: 知人のSkype利用者が、オンラインにも関わらずオフラインと表示されます。
A: 「Skype」のオンライン状況はサーバで管理されていません。そのためオンラインと表示されるまで多少時間がかかることがあります。
▲UP
Q: 「Skype」の表示が文字化けします。
A: Windows 2000(日本語版)の一部で文字化けが発生することが確認されています。
また、Windows Me/98など、Windows XP/2000以外の日本語OSは文字化けが発生するため「Skype」をご利用いただけません。
▲UP
Q: 「スカイプ(Skype)用の再生デバイスがありません」と表示されました。
A: お使いのパソコンにマイク入力の機能が装備されていない可能性があります。サウンドカードを増設されるか、USB接続のヘッドセットマイクロフォンをご利用ください。
▲UP
Q: 「Norton Internet Security」がインストールされたパソコンでも「Skype」は利用できますか。
A: 「Norton Internet Security」がインストールされていると「Skype」が接続できない場合があります。もし、接続できなかった場合は、次の手順をお試しください。
(1) Windowsの[スタート]→[(すべての)プログラム]から「Norton Internet Security」を起動します。
(2) メイン画面の左側で[状態と設定]→[ファイアウォール]を選択し、右下の[設定]をクリックします。
(3) [プログラム制御]タブを選択します。[手動プログラム制御]で遮断されているプログラムの検索を開始します。
(4) [手動プログラム制御]の下のプログラム一覧で、スクロールバーを使って「Skype」までスクロールします。
(5) [すべてを遮断]をクリックして、プルダウンメニューから[すべてを許可]を選択します。
(6) [OK]をクリックし、「Norton Internet Security」の画面を閉じます。
(7) 「Skype」を起動します。

注意: 「Norton Internet Security」のバージョンによっては、設定方法や手順、表記が異なる場合があります。
▲UP
Q: 「Norton System Works 2005」がインストールされたパソコンで、「Skype」が終了してしまいます。
A: 「Norton System Works 2005」がインストールされていると「Skype」が終了する場合があります。もし、終了してしまう場合は、ご利用の場合は、以下の手順をお試しください。
(1) Windowsの[スタート]→[(すべての)プログラム]から「Norton Internet Security」を起動します。
(2) メイン画面の右上[オプション]メニューから[Norton AntiVirus]を選択します。
(3) 左側の[インターネットワーム防止]メニューで[インターネットワーム防止を有効にする]を無効にします。次に、[保護の警告]の[期間を設定する]のプルダウンメニューから[永久的]を選択します。
(4) 「Skype」を再起動します。
▲UP
Q: 発信の際に、「エラー番号6101」が表示されて発信できません。
A: 「エラー番号6101」は、通常サウンドドライバが最新のドライバでない場合に発生するエラーです。ご使用のパソコンのメーカーのホームページから最新のドライバをダウンロードしてインストールしてください。
他のソフトウェアでサウンドカードを利用しているソフトウェア(例:MP3プレーヤ等)やWindows XPの場合は、音声認識を無効にしてください([コントロールパネル]から「サウンド、音声、およびオーディオデバイス」→「音声認識」で変更できます)。
Faxモデムがある場合は、[サウンドとオーディオデバイスのプロパティ]([コントロールパネル]→[サウンド、音声、およびオーディオデバイス]→[サウンドとオーディオデバイス]を選択)でFaxモデムが入力機器になっていないことを確認してください。

以上で修正されない場合は、以下の手順をお試しください。

(1) Skype名:「soundtestjapanese」に発信します。ここで解決しない場合は、(2)-1へ進みます。
(2)-1. 「Skype」の[ツール]→[設定]→[オーディオデバイス]を選択し、お使いのパソコンのサウンドドライバが選択されていることを確認します。
(2)-2. Skype名:「soundtestjapanese」に発信します。ここで解決しない場合は、(3)-1へ進みます。
(3)-1. Windowsの[スタート]→[(すべての)プログラム]→[アクセサリ]→[エンターテイメント]→[ボリュームコントロール]を選択します。
(3)-2. [オプション]→[プロパティ]を選択し、[ミキサーデバイス]からお使いのパソコンのサウンドドライバを選択します。
(3)-3. ボリュームコントロールで、すべての[音量]が50%以上になっているか確認します。
(3)-4. Skype名:「soundtestjapanese」に発信します。

以上で解決されない場合は、パソコンとヘッドセット等の相性の問題が考えられます。他のヘッドセットをお試しください。
▲UP
Q: チャット画面で顔文字が表示されません。または、日本語入力に続いて顔文字を入力すると、文字化けします。
A: 顔文字が表示されない場合は、最新版の「Skype」にバージョンアップしてください。また、日本語入力のあとに、顔文字を入れると、顔文字が文字化けする場合は、顔文字の前に半角スペースを入力してみてください。
▲UP
Q: チャット文字が縦書きになってしまいます。
A: フォントの設定が正しくないと、チャット文字が縦書きになることがあります。チャット画面で[フォント]をクリックして、[フォントの名]を[Tahoma]、[文字セット]を[欧文]に設定してください。
▲UP
Q: 「Skype」をアップデートしたら通話できなくなりました。
A: 「Skype」をアップデートした後に通話できなくなった場合は、次の手順をお試しください。
(1) 「Skype」の[ツール]→[設定]を選択します。
(2) 左側のメニューから[オーディオデバイス]を選択します。
(3) 右側の[オーディオデバイス]のプルダウンメニューから、お使いのパソコンのサウンドドライバを選択します。
▲UP
Q: 知らない人からコンタクトがあります。
A: 「Skype」では、通話、チャット、ファイルの送信を特定のユーザにのみ限定することができます。また「Skype」は双方が認証された場合にのみ利用できるように設定されています。誤って知らないユーザを認証して[コンタクト]リストへ追加してしまった場合は、[コンタクト]タブでそのユーザを右クリックして、[このユーザを拒否]を選択すれば、認証を解除することができます。
▲UP
Q: [再生デバイスに問題がある](エラー番号6101)や[入力デバイスに問題がある](エラー番号6102)が表示されました。
A: お使いの入出力デバイスのドライバが「Skype」で設定されていない場合があります。次の手順をお試しください。
(1) パソコンのサウンドボードのドライバが最新かどうかを確認します。メーカー(自作の場合には、サウンドチップのメーカー)のポームページから、最新版のドライバをダウンロードします。
(2) Windowsの[スタート]→[コントロールパネル]→[サウンドとオーディオデバイス]を選択し、[オーディオ]タブと[音声]タブで、お使いのサウンドドライバが[既定のデバイス]として選択されているか確認します。また、[音量]タブで音量の設定を見直します。
※Windows XPの場合は、[コントロールパネル]をクラシック表示に切り替えてください。
※OSにより一部の表記がことなります。
(3) ヘッドセットが正しく接続されているか確認します。オーディオの入出力がパソコンの前面と背面にある場合には両方を確認します。
(4) 「Skype」を再起動したあと、「Skype」の[ツール]→[設定]→[オーディオデバイス]を選択し、お使いのパソコンのドライバを選択します。

問題が解決されない場合は、ファイアウォールやルータの設定を見直してください。
▲UP
Q: 通話が途切れます。
A: ログインや発信/着信ができない場合や、音声が途切れる場合、または「致命的エラーが発生しました」「エラー番号1101、1102、1103」などのメッセージが表示された場合は、次の方法をお試しください。

[A] 個人向けのファイアーウォールソフトなどがインストールされている場合
ファイアーウォールソフトの設定を無効にしてください。また、Windows XP SP2の場合、内蔵のファイアーウォールソフトウェアの設定により「Skype」からの接続ができない場合があります。このような場合には、以下の手順を試してみてください。
(1) Windowsの[スタート]→[コントロールパネル]を選択します。
(2) [ネットワークとインターネット接続]を選択し、[Windowsファイアウォール]をクリックします。
(3) [全般]タブで[有効(推奨)]だけが選択されていることを確認します。
(4) [例外]タブで[プログラムおよびサービス]で「Skype」にチェックが付いているか確認します。[プログラムおよびサービス]に「Skype」が表示されていない場合は、[プログラムの追加]をクリックして「Skype」を追加します。
個人向けのファイアウォールについては、[Windowsファイアウォール]が無効の場合でも、その他のファイアーウォールソフトが起動している場合があります。「Norton Internet Security」の設定については、こちらも参照してください。

[B] 社内LANなどを使用し、認証プロキシを経由して外部に接続している場合
Ver1.0以前の「Skype」は対応していません。最新版の「Skype」にアップデートしたあと、「Skype」の[ツール]→[設定]を選択してください。左側のメニューから[接続]を選択したあと、右側のプロキシの設定をおこなってください。
※プロキシのアドレスについては、プロバイダまたはシステム管理者にご確認ください。

[C] プロキシでポート「80」のみ開放している場合
「Skype」はご利用できません。ご利用になる場合はシステム管理者とご相談ください。

[D] UDPのポートの1024が開放されていない場合
「Skype」はご利用できません。ご利用になる場合はシステム管理者とご相談いただくか。プロバイダにお尋ねください。
▲UP
Q: 「Skype」から、一般の固定電話や携帯電話にかけましたがつながりません。
A: 一般の固定電話や携帯電話にかけるには、SkypeOut(スカイプアウト)サービス(有料)が必要です。SkypeOut(スカイプアウト)サービスは、WEBページ上からクレジットカードにて購入することができます。詳しくは、こちらを参照ください
▲UP
Q: 一般の固定、携帯電話から「Skype」への通話できますか?
A: 「Skype」は、Skype同士での通話を目的に作られているため、一般の固定電話や携帯電話から「Skype」への通話はできません。
▲UP
Q: Skype同士で通話すると、自分の音声が反響します。
A: 自分の音声が反響して聞こえる場合は、相手先のスピーカとマイクの距離が近すぎる可能性があります。十分に離れているか相手先に確認してください。
▲UP
Q: Skypeサービスから退会したいので手続きの方法を教えてください。
A: Skype名の登録は、通常6ヶ月以上ログインがない場合、自動的に削除されます。また登録の削除をご希望の場合は、メールアドレスdelete@skype.comで受け付けております。
なお、お客様の個人情報等は、Skype社側で厳重に管理されておりますので、個人情報が漏洩することはありません。
▲UP
Q: パスワードを忘れてしまいました。
A: パスワードを忘れたときは、以下の手順で再発行できます。
(1) 「Skype」の[ファイル]→[別のアカウントでログイン]を選択します。
(2) [パスワードを忘れた]をクリックします。
(3) ウェブの表示に従って、パスワードを再発行してほしいSkype名と、そのSkype名を登録したときのメールアドレスを入力します。入力したメールアドレス宛てにパスワードが送信されます。

注意: Skype名をご登録の際にメールアドレスを入力していない場合は、パスワードの再発行はできません。また、[プロフィールの設定]でご自身のメールアドレスを変更された場合でも、最初に登録したメールアドレスにのみパスワードが発行されますのでご注意ください。メールアドレスを変更された場合は、Skypeの[ツール]→[マイアカウントにログイン]でログインしたあと、左側の[設定]のリンク先で変更してください。
▲UP
Q: 登録したメールアドレスを変更する方法を教えてください。
A: 「Skype」には、2種類のメールアドレスがあり、それぞれで変更方法が異なります。

有料サービスで使用するメールアドレスを変更する場合
「Skype」の[ツール]→[マイアカウントにログイン]を選択したあと、左側の[設定]のリンク先の画面で変更できます。
Skypeユーザ検索で検索対象となるメールアドレスの場合(検索に使用されるだけで表示はされません)
「Skype」の[ファイル]→[プロフィールの設定]を選択すると、追加・変更・削除ができます。
▲UP
Q: Skypeの登録情報を変更する方法を教えてください。
A: 登録情報を変更するには、「Skype」の[ファイル]→[プロフィールの設定]を選択して、項目を入力し、[設定]をクリックします。ここで変更したプロフィールは、Skypeユーザの検索にのみ反映されます。

注意: ここで変更できるメールアドレスは、Skypeユーザの検索の際に検索対象となるメールアドレスです。有料サービスで登録されたメールアドレスではありません。「Skype」の有料サービスの登録情報を変更するは、「Skype」の[ツール]→[マイアカウントにログイン]を選択し、左側の[設定]のリンク先でメールアドレスを変更してください。
▲UP
Q: 「Skype」でウェブカメラは使えますか。
A: 現在のバージョンでは、Webカメラは使用できません。
▲UP
Q: スカイプアウトとは、なんですか。
A: SkypeOut(スカイプアウト)とは、「Skype」からSkype以外の電話(固定電話や携帯電話)に有料で発信するサービスです。料金は国内・国外とも従来の電話料金に比べて割安で通話できます。音質は、SkypeOutサーバを経由しているため、Skype同士の通話に比べて若干劣ります。SkypeOut(スカイプアウト)についての詳細はこちらをご覧ください
▲UP